津島に咲く花。

皆様、こんにちは。

いつも「津島ダイアリー」をご覧頂き、有難うございます。

ここのところ、朝晩は冷え込みますが日中は暖かく過ごしやすい日がありますね。

もうすぐ3月!春はすぐそこです。

春と言えば綺麗なお花が咲く時期でもありますね。

「ディアコート津島」と言えば、広告のメインビジュアルとして                                                                  フラワーアレンジメント を使用しております。

ホームページにも掲載しているので、見たことがある人も多いと思います。

使用している花は「ガーベラ」、「ミモザ」、「チューリップ」、「バラ」、「胡蝶蘭」です。    この花々にも意味があるんです。

「ガーベラ」・・・前進、希望

「ミモザ」・・・幸せを呼ぶ

「チューリップ」・・・思いやり

「バラ」・・・絆

「胡蝶蘭」・・・幸福が飛んでくる

全てポジティブな花言葉のお花を選びました。

今回の「津島新花」というコンセプトをもとに作成した装花で 「津島新花」とは「津島」という立地をストレートに明確に示すと共に、 「新花」というワードを用いて始動感、発展性、明るさ、  私らしい暮らしが開花するという鮮やかな未来感、期待感を表現したものです。

今回のこの装花は広島にある花屋さん、PELE様にお願いしました。

http://www.pele-pf.com/

思い通りな作品に、心奪われます。

通販もやっているみたいなので、ぜひチェックしてみてください。

引き続きよろしくお願いします。