分譲住宅 ディアコート津島分譲住宅 ディアコート津島

Model Houseモデルハウス

建築家ならではの
斬新なアイデアと工夫が随所に。

「ディアコート津島」の家づくりは、オーナーと建築家が一緒になって理想の住まいを追求するスタイル。住まう方の想いや夢をカタチにするのは当然、家族構成やライフスタイル、土地風土や環境に合わせ、建築家ならではの視点で+αのプランをご提案します。斬新なアイデアやセンスを詰め込んで、想像していた以上の住まいをここに。

No.12

変形敷地を活かした南東に開く家
3LDK

利便性はもちろん、インナーガレージにすることで、建物全体のスケール感もアップ。
雨の日も濡れることなく玄関からガレージまで行き来できる点もポイントです。

1F
2F

リビングではなく、ダイニングを主役に

家族が集うリビングを中心に考える一般的な間取りとは違い、同プランの主役となるのは、開放感と明るい空間を演出する大きな吹き抜けが特徴的なダイニング。
リビングで家族とゆっくり過ごす時間がとれない共働き世帯であっても、食事の時間だけは家族揃って楽しく過ごしてほしい、そんな建築家の想いが込められた空間設計です。

四角ではなく、凸凹だから心地いい

デメリットになりがちな変形地も建築家と一緒ならメリットに。四角ではなく、キッチン、ダイニング、リビングを敷地形状に合わせて少しずつずらすことで、空間全体のつながりと各空間の程よい独立性、その両方を両立。
南側の開口部を斜めにすることで、光を採り入れる面が広くなり、空間がより明るくなるという効果も。

デッドスペースが知性を育む場所に

デッドスペースになりがちな2階の廊下部分をライブラリースペースとして活用。
教育熱心なファミリーが多いというエリアの特性と、目の前が川で遮るものがなく、窓から景色を楽しめる立地を活かした提案です。
通り道として使うだけの廊下も、建築家のアイデアと工夫で価値のある空間に。